前世占い 雅照裕斎|埼玉・さいたま・大宮 > 雅照の邂逅録 > 隠された神 ニギハヤヒ大神

隠された神 ニギハヤヒ大神

古代日本の中心、奈良の神。

 

初代天皇、神武天皇の義理の父親と言われる。

 

日本書記や古事記からも殆んど語られていない、ニギハヤヒ神。

 

何故なのか?

 

触れてはならない秘密があるからで、

 

更に日本の歴史の隠された部分が明かされてしまうからだと言われる。

 

日本書記や古事記にそして、もうひとつ、

 

先代旧事本紀を日本三大古書と言われています。

 

この中に隠された神。

 

「ニギハヤヒ神。」

 

が詳しく書かれているのは先代旧事紀だけであり、

 

私は先代旧事紀が正しいのではないかと思います。

 

昭和の傑僧、天台宗の故「今東光」氏も、

 

先代旧事紀が正しいと彼の著書で明言されていました。

 

ニギハヤヒ神。

 

この神に関係する霊能者や研究家が私の近くに集まって来ていました。

 

そのせいでしょうか、

 

レイキマスターの先生と私の弟子と三人で奈良に出掛ける事になりました。

 

ニギハヤヒ神。

 

彼が居られる「大神神社」

 

彼は大白龍神で天空を飛び交います。

 

レイキマスターの先生は彼からメッセージを頂いて、

 

ニギハヤヒ神は偉大な神と自覚されたと言われました。

 

そして、「お前達が精進して頑張るならお前達に褒美をやるぞ、真っ直ぐに進め!」

 

そう言って映像を見せて貰えたので、

 

今回の旅は良かったと笑顔で話したのを覚えています。

 

矢張り、実在した神だったと再確認した旅でした。

 

大神神社の宮前であぎとを開けて歓迎してお迎えに来て頂いた上に、

 

励ましの言葉を頂いて、実りの多い旅になりました。

 

ニギハヤヒ大神に感謝し又、レイキマスターの先生に敬意を。

低頭傾首
合掌礼拝

神人雅照


PAGETOP