前世占い 雅照裕斎|埼玉・さいたま・大宮 > 雅照の邂逅録 > 竜神様

竜神様

うだつの上がらない中年男性Aさんは、

 

上尾の一等地の地主の末っ子で、市街地の場所に親からもらった約50坪ほどの土地に住んでいました。

 

お金に苦労なく育ち、無難に地元有力者の娘をお嫁さんとして迎えたのですが、

 

幸せは長く続かなかったようです。

 

兄たちの薦める見合いで結婚したのですが、そのお嫁さんの不倫が原因で、子供を連れて家出し、

 

そのまま離婚になりました。

 

悪いことは続き、土地の権利書を担保に、ある会社の管理職につきましたが、

 

白紙委任状に実印を押して、3ヶ月後に財産を全て取られたうえに、会社を首になってしまったのです。

 

彼の兄たちは、市役所の重役、県議会議員や市長にかおがきくのですが、

 

成人が承知で押した実印と白紙の委任状には太刀打ち出来ず、

 

知りあいの弁護士に相談しても難しいと言われた状況のなか、

 

何故か私に話がまわってきました。

 

ある高級な割烹寿司屋にお呼びがかかり、普段では会えない面々に土下座をされお願いされてしまい、

 

私は困り果て自宅に帰り、精神を集中して神だなに向かい合った瞬間、

 

「汝の願いごと助けよう、但し必ずしも良い結果にならぬが良いか?では最善を尽くす。」

 

そう聞こえた次の瞬間、竜神様が見えた気がしたのです!

 

その後、騙された会社の社長と示談になり騙された4千万円のうち2千5百万円が返って来たのです。

 

泣寝入りだろうと覚悟していたところ、半額以上が返金されたことに彼の兄たちから、とても感謝されました。

 

御礼の食事会にも招待されました。

 

その後、神だなにむかい竜神様の為に喜捨をしました。

 

何故かいつも竜神様がお助け頂ける事に感謝した次第です。

 

合掌礼拝!


PAGETOP