前世占い 雅照裕斎|埼玉・さいたま・大宮 > 雅照の邂逅録 > 二人のサイババ

二人のサイババ

私がサイババの名前を知ったのは、

 

かれこれ39年前でしょうか、

 

ある「真言宗醍醐派」の流れをくむお寺での事です。

 

隣に居合わせた初老の紳士と話をした時でした。

 

なんでも、研究者で本を書いている方で、

 

「般若心経」を新解釈したので是非読んで欲しいと言われ、

 

考えていたら、彼曰く「来月にインドのサイババに会いに行くので、ババに直接聞いてみるからね。

 

もしかしたなら日本に戻らないかもしれないけど、縁があったなら又、会いましょう。」

 

私はインドの旅などは遠い国なので所詮他人事でした。

 

初老の紳士がサイババに会いに行く。夢物語の世界でしかなく、

 

現実的に実感がありませんでした。

 

サイババの本をたまたま持っていたので、

 

帰宅後で見ると「奇跡が生まれる」と言う題名でした。

 

当事の私はサイババが何者なのか、知るよしもなかったのです。

 

結局、初老の紳士とは再び会う事はありませんでした。

 

サイババに不思議な縁が繋がったのは、其れから20年の月日が過ぎてからでした。

 

あるスピルチュアルカウンセラーの先生との出逢いからです。

 

又、「アガスティアの葉」を開く縁が出来たのもこの方のおかげであります。

 

詳しくは次回で・・・


PAGETOP