前世占い 雅照裕斎|埼玉・さいたま・大宮 > 雅照の邂逅録 > 黒瀧山不動寺2

黒瀧山不動寺2

不動寺と名乗っているわけですから不動明王が本尊でした。

 

しかし、天平に飾られたあと、歴史に流され、

 

今や禅寺ですので「臨済宗妙心寺派」から中国から来られた「隠元和尚」の影響で「黄檗宗」に変遷したのです。

 

又、潮音禅師が認めた「神道大成教は三大古書の1つ先代旧亊本紀」からなる内容で、

 

伊勢神道の圧力により歴史の中に埋もれる事になりました。

 

さて、三大古書とは「古事記」「日本書紀」そして、聖徳太子が書いたかも知れないと言われている、

 

「先代旧亊本紀」です。

 

前の2つの古書とは内容が多少違って書かれていたのです。

 

つまりは、偽書と決めつけられてしまいます。

 

これに異議を唱えなたのがかの「潮音禅師」でした。

 

その後、幽閉されてしまいますが、徳川将軍の帰依が篤く自由の身になります。

 

しかし、先代旧亊本紀については自分の意志をまげなかったと伝えられております。

 

その証拠に「大成教」の写しが不動寺に残されていました。

 

現代に於いても、今は亡き「今東光」和尚も自分の書作で先代旧亊本紀が本当だと思うと書いてます。

 

私も旧亊紀が本当だと考えてます。

 

その点では潮音禅師と同じ思いです。

 

内容が専門的で難しくなると思いますので先代旧亊紀については機会があれば書きたいと考えます。

 

さて、不動寺は本堂の近くに滝もあり深山幽谷を想わせる雰囲気です。

 

私も時間と金銭に余裕があればじっくり座禅を組みたいと思っています。

 

かなりチャクラも刺激され神秘体験が可能と感じています。

 

思いは不動寺にそして、「ニギハヤヒ」に・・・」

 

ニギハヤヒは大白龍です。

 

合掌礼拝。低頭傾首。


PAGETOP