占い・占術 雅照(がしょう) > ブログ

私は医療法人北病院の医療社会事業部にケースワーカー見習いではいりました。

 

当事は話題性の多い医療法人で全国的に有名で本に雑誌にのる珍しい病院でした。

 

今でこそ、当たり前のディケアや訪問看護に難病研究に職業病治療、又、予防医療としての体操教室、訪問検診と40年前に行っていた、いわゆる先端を行く医療機関でした。

 

私は、開業医から委託されたお宅に医師と看護師と私の三人で出向いて今後の訪問予定を作成する事が仕事でした。

 

初めて出向いて先はMさんといってリウマチで車椅子生活を余儀なくされた方でした。

 

不思議なもので、直ぐに意気投合してしまい、時々、直に電話をかけてくださります。

 

彼の歴史はリウマチの病との闘いでした。

 

私に若かりし頃の話をしてくれました。

 

当事、私が20代そこそこわMさんは30代の前半。一回り近い年の差です。親しくなればなるほど彼の辛さがみに染みてきます。

 

母親と妹の三人で、父親は若くして他界されたそうです。

 

彼の病状の為に医療機関のありとあやゆるところ訪ねてみても望みなく、占い師やら神だしの霊能力者迄訪ねて歩いたそうです。

 

私の勤務する病院は左寄りの共産系でしたので患者に宗教関係の話はご法度でした。

 

しかし、M氏は私に芸能界や執筆界の方々が通われる藤原先生を紹介してくれたのです。

 

何でもハッキリと言われたので吹っ切れたと言っていました。

 

内容は次の様です。「今更ながら、その病は治らんよ。むしろ、残された人生をどう生きるかだ、カルマを変えるのは至難の技来世でお助け申すぞよ」

 

そう言って下さったので母親共々、残され時間が大切なので精一杯 生きる道を選んだそうです。

 

その先生を紹介してくれたのです。

イベントの帰る途中、見ず知らずの男性が歩み寄りました。

 

「はじめまして、不思議ですねぇ。初めて会った気がしませんね。」

 

握手を求められたのです。

 

私はただ者ではない人だと感じ、「懐かしい感じですねぇ」そう言って握手をした時に微力ながら波動を感じたのです。

 

彼は資産家の三男の方で後に判るのですが、運命学では名の知れた方でした。

 

帰り際に「今度一緒に食事でもしながら話しましょう」電話番号を渡されたのを覚えております。

 

彼からはいろんな知識を授かりました。

 

更に彼は中国伝来の気功士の資格者でもあったのです。

 

後に「東洋五術運命学協会の面掌師範の佐藤六龍先生」をご紹介していただきました。

 

渋谷の道玄坂にある会場に一年間通って先生の元で「紫微斗数推名学」を習い終了証を頂きました。

 

最期に更に磨いて弟子にならないかと嬉しい御誘いがあったのですが別の学校に通う予定があり、丁重にお断りした次第です。

 

先生も数年前に他界されて寂しくなりました。

高校から中の良い友達と秩父らしき山道を歩いている時です。

 

陽が沈みかける少し前、私の頭上に大きな垂れ幕のような掛け軸ともとれる幕が降りてきました。

 

中に見た事のない漢字が書いてあり「降三世三昧耶」とありました。

 

何の事かもわからず近くにいた3人の友達に聞いてみたら、何も見えないよ。

 

私しか見えないのか、思っていた矢先に棺の様なものが現れて、中に居たらしい老婆がこう告げたのです。

 

「300年の眠りから目覚める時だ」

 

そう告げたあと風に吹かれて砂のように消えてなくなりました。

 

近くにいた3人の友達に今見た事を話して見ると何も見えないよ。

 

えっどうして?

 

すると目が覚めて夢だった事を知りました。

 

あまりにもリアルで何十年たってもついこの間の様に思い出されます。

 

私はあの漢字の意味を探して本屋を歩きました。

 

そうして、あるイベントの催しで人生を変える出逢いが待っていたのです。

私は、幼い頃より高熱が出たり、良くひきつける子どもでした。又、良く夢を見ては朝起きると現実の世界と夢の世界が区別が出来ない程、鮮明な上に感触が残っていた事を思い出します。

 

更に夢の世界で見た後景が現実の世界でおきる事も度々ありました。
その他、これから起きる事象が判ったり、何か問題が起こる際に予知夢の様に見た事も覚えております。

 

最初は不思議だなあと思っていた位です。

 

やがて、夢だけではなく予感と言ったほうが良いのか、突発的にこれから起きる事象や予知が判る様になりました。

 

突発的な能力の為か自分自身で調整がつかず頭が少しおかしくなったのか心配で眠れない日々を送っていた事を思い出します。

 

ある時に見た不思議な夢が私の能力開花の始まりです。

 

その夢とは・・


PAGETOP