占い・占術 雅照(がしょう) > 雅照の邂逅録 > 雅照の邂逅録

雅照の邂逅録

私は、幼い頃より高熱が出たり、良くひきつける子どもでした。又、良く夢を見ては朝起きると現実の世界と夢の世界が区別が出来ない程、鮮明な上に感触が残っていた事を思い出します。

 

更に夢の世界で見た後景が現実の世界でおきる事も度々ありました。
その他、これから起きる事象が判ったり、何か問題が起こる際に予知夢の様に見た事も覚えております。

 

最初は不思議だなあと思っていた位です。

 

やがて、夢だけではなく予感と言ったほうが良いのか、突発的にこれから起きる事象や予知が判る様になりました。

 

突発的な能力の為か自分自身で調整がつかず頭が少しおかしくなったのか心配で眠れない日々を送っていた事を思い出します。

 

ある時に見た不思議な夢が私の能力開花の始まりです。

 

その夢とは・・


PAGETOP